自動車製造工場の役割は多種多様

自動車は国内のみならず、海外に向けても多く輸出しているため、自動車や自動車関連の製造に関わる求人はよく見受けられます。ただ同じ車に関わる求人でも、仕事内容は多種多様です。そもそも自動車は簡単に製造出来るものではなく、いくつもの生産工程を経て車体を完成させていくもので、各工程ごとに与えられる役割も違ってくるのです。ちなみに主な生産工程は、車体を構成するパーツの形成・加工といった「プレス」、パーツを熱で接合していく「溶接」、自動車を見栄え良く仕上げるための「塗装」、自動車の心臓部分となる「エンジン製造」、車体にエンジンや細かい部品を取り付けていく「組立」、そして完成した自動車を出荷しても問題ないかチェックする「検査」などが挙げられます。

未経験OKの求人は多い

未経験の人は、自動車関連の製造工場に入って果たして仕事が務まるか不安を感じるかもしれません。確かに溶接や塗装といった工程は丁寧かつ、確実性が求められるため、経験者が優遇される傾向にあります。しかし自動車製造に関わる業務は、きっちりとマニュアル化されている事がほとんどです。最初の間はルールをしっかり頭に叩き込んでいく必要がありますが、一連の流れを把握出来れば問題ありません。ちなみに生産工程の中で、特に求人数が多いのは製造ラインとなります。部品が流れてくるスピードに合わせて業務をこなしていかなければならず、長時間の集中力が必要ですが、コツを掴めばスムーズに作業出来るようになります。未経験者も積極的に採用している会社が多く、「経験はないけれど自動車会社で働いてみたい」という人には狙い目と言えます。