食品工場は二種類に大別される

食品工場は様々な種類がありますが、大別すると原料の加工と加工品を使った製造の二種類があります。原料の加工は野菜や魚、肉などの生鮮食品に加熱、冷却などの処置を行い、様々な形状に変えるのが主な仕事内容です。特定の成分を抽出して液体や粉末の形状にするのも原料加工工場での仕事になります。これらの工場で作られた加工品を使い、市場で販売される製品を製造するのが加工品を使う製造工場での仕事です。どちらの工場も食品を扱う仕事なので徹底した衛生管理が求められます。施設の消毒や入念な掃除はもちろん、作業員の体調管理も重要です。病気になった作業員が感染源になって食品を汚染するケースもあることから、毎日の暮らしの中で体調管理に細心の注意を払う姿勢が求められます。

食品工場の求人内容について

食品工場から出る求人はそのほとんどにおいて、食品加工に関する作業全般を主な仕事内容としています。文字通り、食品加工に直接関わる仕事もありますが、原料や製品の運搬、設備の清掃や修理も関連する作業に含まれます。これらの仕事だけを行うことはほぼありませんが、工場の規模によっては一部の作業に専従する作業員を求めることがあります。そのような工場では繁忙期など人手不足の際、単純作業を任せるための期間工を雇うのが一般的です。雇用期間は限定されているものの時給単価が高く設定されていることから短期間で多く稼ぐことができます。特殊な技能や知識は必要ないことから誰にでもできる仕事と言えますが、スキルアップには繋がらないのも事実です。

寮ありの求人は、仕事の後も職場の人と顔を合わせる機会が多くなりますが、毎月の住居費を節約できるという大きな利点があります。